www.pem-usa.com

私は物心のついた頃からずっとO脚です。 O脚を矯正する方法として、私はいつも普通に立っている時でも足に力を入れて、ひざとひざをくっつけるように心掛けています。 内股であるのもO脚の原因かと思い、内股を治そうともしています。 O脚は必ずしもマイナス要素ではありません。 私は昔から漫画を読んでいるのですが、お洒落な絵柄の要素としてわざと漫画の登場人物のキャラクターをO脚に描いている作家が結構います。 90年代の終わりから00年の始め頃にO脚の絵柄が流行し、私もO脚のキャラクターが笑顔で立っている表紙の漫画を所持していました。 O脚の人も生活になんらかの支障が無ければ、ずっとO脚のままで構わないのでは、と私は思っています。 私は暇潰しにO脚の矯正をしているだけです。 外見を磨く事は実益のある暇潰しとなるので、自分の外見が模範的ではないと感じた部分は、このO脚のように矯正をしてその効果や過程を楽しんで生活しています。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.pem-usa.com All Rights Reserved.